マニュアル作成

フリーランスワーテルローなパソコンサポートなかざわですみなさんこんばんは。

会社員時代苦労したことの一つにマニュアル作り、がありました。
会社員である以上はできるだけ属人性を排除した仕事のやり方が好ましいし、
水平展開出来た方が今後の組織のためになるというのは重々承知していましたが、
自分のしていることを1から並べる、というのは大変な苦労でした。
作り始めたときは自分の満足度が物差しだったのですが、
校正から帰ってきて以後は当たり前の話ながら他人の満足度、習熟度が物差しになったので大分加筆を行った記憶があります。
頭の中では理解していても大分端折っていることが多い。
私が書いていることが一つでも違っていると読んだ人はフリーズする、という
自分以外の人が炎上するという恐怖がありました。
根底には自分がしたことが全部無駄になりかねない、とう心情がもちろんあるのですが。
慣れてきたら慣れてきたで今度はすべての手順を画像に起こし、
マニュアル一単元あたりの長さが膨大になったことで作業量が激増しました。
誰に向けて何を伝えるか、というのはすべてのドキュメントを作る上で極めて重要な決めごとだと思いますが、マニュアル作りほどそれを再確認させられた仕事は後にも先にもなかったと思っています。
なるほど、外注に仕事出すときにどうしてマニュアルが標準添付ではなく別注扱いなのかなと思っていましたがこういう背景があったのだな、とそこで初めてわかったわけです。

当店営業日は以下の通りとなります。

火曜日~金曜日 9:00-18:00
土曜日     13:00-18:00
日・祝・月曜日は定休日とさせていただきます。

投稿者: pasonaka

SE歴15年 好きこそものの上手なれでパソコンが生業となりました。 ラジコンやらボードゲームやら趣味は多岐にわたります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です